2008年02月26日

なぜか ブームらしい

若者たちに国宝ブーム!
仏像・仏閣、古典もの、戯画などが人気なのだとか。若者の間で、
源氏物語画帖なる物、鳥獣戯画の吸出しが
大人気なのだという。
仏閣、仏像などもブームのようだ。

そういえば去年の中頃は【日本の仏像】をはじめとして
沢山の仏閣や仏像の本が出版された。
【日本の仏像】にいたっては25万部もの売れ行きだったらしい。

このブームの因となるものはなんなのだろう。
人々は癒しを求めているのではあるまいか・・・。
古寺巡礼の旅ツアーも盛んなようだし、
人は ストレスを古典の読み物・絵画・仏像によって゜
癒されたいと願っているのではなかろうか。

かく言うわたしも 先年、上野博物館で十一面観音立像を
拝観し、ある感銘をうけたことがある。
普段拝観する十一面観音菩薩は正面のみだが、
仏像展では側面・裏側からも拝むことが出来る。

菩薩の裏に回って驚いた。
なんと裏の一面は、大きな口をあけて高笑いしている。
「暴悪大笑相」というらしいが、あの笑いで、はたと腑に落ちた。

正面は慈悲に満ちた穏やかな尊顔、側面は憤怒面、裏は高笑い面。
まるで人間の生き様そのものである。

【時に怒るもよし、だが、高笑いして怒りを流し穏やかに生きよ】
そのように諭しているに違いない。そう思えた。

仏尊本来の意義は知らないが、
勝手にそう観念すると、心の奥底に刺さっている棘が
スーと溶けていくのを覚えたものだった。


今日のストレス社会・・・・。
ほんのひと時でも、
仏の力で癒されて、明るく生き抜くものいいかもしれない・・。

噂では
3月の下旬から【国宝 薬師寺展】があるらしい。
間近で、東方浄瑠璃界の教主を拝み、
心の病を癒して貰いたいものだ。

posted by ヌーボー at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。