2008年01月21日

2008雑感 ?ムム?!ム!!

ガソリン国会がはじまった!。
また、意味不明の総理談話を毎日みることになりそうだ。
とまれ!火事にご用心!

師走半ばに風邪にやられて、気力体力を奪われ、
ブログも完全休養だったが
気が付けば、新年も早20日も過ぎてしまった。

2008年 雑感を。

今年は干支で60年に一度の「成子歳」
昭和23年以来、暦に還ったことになる訳ですが
戊子とは 
不思議と歴史の節目というか変革の年になっているようだ。
暦を返せば、昭和23年が戊子年。
その前の戊子年が明治21年。
それぞれ、歴史の変革の年といっていい。
さて
今年・・・。

個人的には、大袈裟でなくショッキングな事件が
正月早々起こった。
1 長年通った想い出の詰まった赤提灯が火事になった。
  夜明け前の漏電だった。
  古い建物で、今にも倒れそうなお店ではあったが
  夜明けのサイレンの音と共に沢山の想い出も消えてしまった。

  くれぐれも火の元にご用心!!

2 子供用に買った地球儀が中国産。台湾が消えていた奴!
  玩具扱いでも、勉強に役立てば・・・と願って
  買い与えた人は数知れず居た筈である。うううっ!
  それにしても、
  外注業者(国家)に屈して間で発売してしまうとは・・・。

人様からみれば、大したことではないかも知れないが
少なからず、心に衝撃を受けた事件であった。


衝撃を受けたといえば
福田総理の新年の挨拶!
あれも、おっとっと!???付きの衝撃をを受けた。

歴史の節目の年となっている戊子(つちのえね)の2008年
歴史に残る年になるかもしれない・・・仕事初めの日。

TVにスイッチ入れた途端、 
祝賀挨拶の場面が映し出されたのは日本国の総理大臣殿!
開口一番

『新年明けましておめでとうごいます』

オオオッ!「ブルータス!お前もか!」と
思わずTV前で引っくり返ってしまった。

なぜかって?
暮れ近くのブログをご覧になられた方なら
ご理解いただけた事だろう。
暮れに
産経新聞大阪編集局の校閲部長のコラム
『言葉のタネあかし』を引用させてもらい
些かおかしい正月挨拶に書いたばかりだったからだ。

今年はどんなだろう?・・・と関心を示していたところ、
先ず
天下の国営放送?NHKが
【スタジオパーク2008】の生放送で
まずやってました。

和服姿の教養のありそうな、メイン・アナウンサーが
「新年明けましておめでとうございます!」と。
続く、
演歌界の大御所北島三郎氏、そして氷川きよし氏等々・・。
出演者が軒並み。
これって、ディレクターの指示?と思えるほど。
NHKまでも! 生でこんな風に挨拶するなんて! と
驚き! 嘆いたことを知ってか知らずか、
次は、
国家の代表たる総理が、先の祝賀挨拶である。
にこやかに、やってしまったのだ。
まさに
「ブルータス!お前もか!」の思いだった。
日本は崩壊したなと思えたものだ。
これって、丁寧な挨拶と勘違いしているのだろうか?

国語力が落ちた・・・と、
ゆとり教育をひっくり返したわが国家の文部科学省だが、
子供教育改革前に、まず大人の為の
『正しい日本語』なる読本でも発刊してはどうだろう。

ガソリン国会開会中だが、
先ず
国民そっちのけの党利党略に熱中している先生方、
各党首さんから配ってみてはどうだろうか・・・・。







ラベル:挨拶
posted by ヌーボー at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。