2007年11月25日

友からの手紙で知った健康靴下 

五本指の靴下が幸せを運んできたと喜ぶ
おじ様からの手紙の紹介。無二の友人から、久方に手書きの文が来た。
昨今は、電話、またはメールが多くなっただけに、
手書きの文は心がこもって嬉しいものだ。


『謹啓。貴君、元気でいると心から祝福する・・・』
 こんな書き出しの古めいた手紙である。
中身はなかなか。
友の胸をときめきが聴こえてくるような内容であった。
彼には珍しいデジカメで取ったという写真つきの手紙である。
『君に是非見せたい。私の喜びを是非にも判ってほしい。
 若い娘から、こんな素晴らしいプレゼントを貰った。
 Xmasには早いが、こんな嬉しい贈り物をもらったのは本当に久しぶりだ・・云々』
と、感激の文字が、紙面を踊るように綿々と綴ってある。

どうやら、若い娘さんから五本指靴下のプレゼントがあったらしい。
五本指の靴下が2足と、2本指靴下が1足入っていたようだ。
いたく感激している様子が、走り、踊る筆跡からみてとれる。
親子ほど違う娘からのプレゼントが、余程嬉しかったようだ。
成る程、写真を見れば、喜ぶのも無理はない。
もっと若返ってね!と言わんばかりにカラフルで若々しい。
今流行の五本指靴下である。
余程、浮かれていたのであろう、左右別々の柄の靴下を履いた写真まであった。
kutsushita.jpg
画像 003.jpg

どうやら、「目に入れても痛くないほどに可愛い」と心密かに思っていたらしい。
同じ世代として、彼の喜びはよく理解できる。
自分に娘がいない人間にとって、他人の子供であれ、周りに仲良くできる
娘がいるのはこの上のない喜びというものだ。

田舎育ちの友人文面には、喜びを上手く伝える術がないかとの問いもある。
食事に連れて行ってあげるとか、旅へいざなうとか、大人の対応もありそうなものだが
いい年をして、それがなかなかできない不器用男なのだ。
余計なお節介ながら、そんな友人に代わって
感謝の意を伝えようと、写真つきでブログ掲載する事にした。
勿論、彼の許可を得ての事だ。

さて、
うまく贈り主の目に触れる機会を得て、
彼の気持ち、素直な喜びが伝わればいいのだが・・・・。
posted by ヌーボー at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。