2007年10月29日

ビルマ人のお友達が頑張っている!

ビルマ人の(ミャンマー人)の集会に初めて参加した。
私に何が出来るか・・・まだ、何も力になれそうなものはないが
「日本人の協力が是非必要」と言われて日曜集会に顔をだした。


!

みんなが喜んでくれた!
そして私は驚いた。
彼らの真剣な活動に! まったく異なる言語に!

まず、戸惑ったのは言語、何一つ理解出来ない。
アジアは広い、こんなにも沢山の言語がある。



翻って、彼らはすごい!
英語はすらすら話す。 私には日本語で話してくる。
仲間同士は当然ミャンマー語だ。
それに部族別に別な言語もあるらしいのだ。
私は、会話が飛び交う多言語の中で、まるで乳児のように、
ひたすら声の発するほうへ視線を送るだけで精一杯である。

あっけにとられていると、突然撮影が始まった!
HDVがスタンバイされ、照明があてられる。
うん! うん! この分野であれば、共通言語で話せるかもしれない。
この場面で、やや心の焦燥感が薄らいだ。

何人かがキャスターとなって、国内の同志に、世界のニュースや、
国内で知りえない国内情報を、インターネットを通じて提供する活動をしているのだという。
みなが真剣であつた。
普段はおのおのマグロ屋その他で働き、日曜を返上して活動をしている。
その日に撮って編集してエンコードして、月曜の早朝にはネットに載せてミャンマーの同志に告知しているのだという。

日本人向けにも発信したいのだという。
その手伝いが欲しいと懇願された。
この分野なら、小生でも、少々役立てるかもしれない。


彼らは真剣です。
平和ボケしてのんびり時間をすごす自分がとても恥ずかしい。

彼らに沢山のことを教えられた日曜の夜でした!

皆さんも、どんなことでもいいのです。
彼らに、是非力を貸してやってください!
posted by ヌーボー at 21:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。