2007年08月28日

打ち水で涼が来た



天界の気まぐれ虎パン親父が、突然夜の打ち水を始めた。
夜空は、まるでキャンバスに青白い絵の具を打ちつけたように
乱暴に、荒々しい炸裂音の青白い閃光で切り裂かれた。

はじめピチピチ地べたで跳ねる。
やがて、バシャバシャ激しく地面を叩きつける。
アスファルト道路も、公園の緑も、
闇に包まれていたビルの屋上さえも、水で溢れた。

六年目の天体ショー『皆既月蝕』など、まるで無視するように
時に激しく 時に怒り狂ったように、天から水を撒く。

気まぐれな、虎パン親父の夜の水打ち。
傲慢である。
しかし、静寂が戻った時 みながとても涼しげである。

水気を帯びた、心いい涼風が全身に注ぐ。
どこかで雨上がりを告げる虫の音さえ聞こえる気がする。


にわか雨は 小一時間でやんだ。
雨はこうして、静かに秋を運んで来るんだな。



posted by ヌーボー at 23:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。