2013年05月28日

学ぶべきこと山もり IT教育ソリューション。

ちょいと前の話題。 先日 第四回IT教育ソリューションをめぐってきた。ICTの世界は進んでいる処と、ちょっと?の両極かな? 

ICT・・・・
今思えば、結構前から関わっていた気がする。
草創期のCAI学習機「まなぶくん」
これが関わりの始まり、8ビットマシンで、画と音の同期をはかった、
日本最初の学習マシンだった。
コンテンツづくりが、編集者・管理者との戦争のような日々であったが、今思うと懐かしい。
懐かしいと言えば、次の世代の《Vメイト》もその一つ。
英語圏の生の英語を教材に反映させようと、米国西海岸、セントラル、東海岸、南部、ハワイと
何回かに分けてカメラクルーとともに駆け廻ったのが昨日のようだ。
文化と違い・・・というか、日米の物の考え方に大きな違いが起こした出来事に
何度であったことか・・・、いずれも貴重な体験であった。

《郷に入れば郷に従え》
日本の習慣・感覚を持ちこむべからず・・・・。 これも体験的に会得した教訓であった。

とまれ! ITソリューションのお話にもどろう。

ハード中心のIT関連は、開発に時間をかけた分ちょっと遅れ気味??
開発費をかけただけに、すてて新しい開発に取り組むことのできない事情が垣間見えた。
クラウド系・・・というかこの世界はこれからだろうか。
おっと!と見入るものもあった。が、まだ完成に至っていない。模索の段階・・・。
しかし、この1年で大きく変わっていく予感を抱かせた。

LMS・・これは役目を終えたか?・・・もういいや・・・がその印象。

いずれにしても、高価なシステム、更新に高費用を要するものは淘汰されていくだろう。
ローコストに更新、ユーザーウオンッに即応出来る商品が成長の原点であろうか。

そして、《あれも、これも》はいらない。
くシンプルなソフト・コンテンツ〉が勝利しそうな印象だった。

posted by ヌーボー at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362930466
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。