2011年08月15日

東日本大震災がデフレ脱却の千載一遇のチャンス?! なんということを!!

呆れるばかり。人の痛みを理解しない無神経発言! なんと不謹慎な次期総理候補であろうか。

公共放送の討論番組を見ていて驚いた人が少なからずいた筈だ。

驚きの原因は 

無論 次期総裁候補の一人 野田氏の発言。

《復興はデフレ脱却の千載一遇のチャンス…》だ。

耳を疑った。


これは、どう贔屓目に見てもいただけない失言だった。

沢山の犠牲者を出し、家や仕事を失い 避難生活を余儀なくされている被災者の神経を

逆なでする表現はいただけない。


次期総理候補と言われる一人であっただけに、この失言は重い。



現在の法律では、次期総裁選びに、国民は何一つ参加出来ない。

もどかしいが、指をくわえて状況を見守るしかないのだ。

一国の代表選びを 議員だけで決める今回の選択方法で本当にいいのだろうか。

この際 選挙制度の再検討は絶対必要だ。


先の選挙では、国民の多くが《自民党NO!》を突きつけた、

しかし、この凡そ2年の政治の現実をみれば、その多くは、それが誤りであったと思っている筈。


また、候補の顔ぶれと、その小粒ぶりに失望している人が多数であるに違いない。




仮に、

もし今 代表選に一票の権利があったとするなら、

少なくとも無神経発言大臣には決して投じないだろう。

参院議長の「内閣は共同正犯。連帯して責任を負う」発言にこそ耳を傾けたい。




ちょうど一年前の代表選時にも書いたが、

いっそ! 日本のサッチャー田中氏に登場願ってはどうか・・・・。

そんな思いを強くしてる昨今だ。

大災害の処理・円高対策・・・原発問題・・・・。

現状は、並みの策では決して乗り切れない。





ああ。もう政治は書かない…と決めていながら、また禁を破ってしまった。
posted by ヌーボー at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。