2011年03月24日

原発の安全神話はどこへ?

大変なことになった、東京電力、自民党の責任は大変重い。

全議員諸君!今こそ、党派を超えてこの国家存亡の難局にあたれ。1000年に一度といわれる3.11の大地震・大津波は 
東北・関東の沿岸の市町を消滅させる甚大な非害をもたらしてしまった。

小松左京の小説そのままに未曾有の災害となった。




何も出来ない身としては、 あの日より一日一食。

時に《スイトン》一杯・・・の生活。

被災者の苦しみ・痛みには遠く及ばないが、せめて被災者と共にあろう!と思っている。


それにしても、

大地震・大津波は、将に未曾有の想像を接する大災害であった。

日夜、その映像に見入りながら胸を痛める毎日だ。

被災者には心よりお見舞い申し上げます。

我々も 支援等 あらゆる協力をしなければならない。

国民全員で、この難局を脱する為に努力しなければならない!



加えて、

見えない分子との戦いとなった 《原発事故》


こちらも、大津波同様の大きな被害をもたらしている。


国家相貌の危機だ。



見えない人体への被害はもとよりだが、東北・関東の酪農・農業・水産業に図り知れない被害をもたらしている。


安全・・・安全と、自民党政権と東電が推進してきた「原発」

声高に叫んでいた《安全》《安全対策》とは一体何だったのか!

心の底より怒りがこみ上げてくる。


野菜がダメ 魚がダメ! 水がダメ!将に命の危機。一体何処でどう生きればいいのだ。


にも関わらず 

いまこそ命を賭して働かなければならない多くの議員たちは、ただの傍観者。

何一つ働く気配がない。

strong>全議員諸君!今こそ、党派を超えてこの国家存亡の難局にあたるべし。


政府はといえば・・・・国家の総指揮者であるべき総理の姿が見えない。

対策も後手後手で機能しているとは思えない。・・・・無政府状態だ。 

いや、むしろ 風評被害の発信源でさえある。



われわれは その風評に翻弄されず 冷静に対処する以外術がない




いまは、勇敢に命をかけて奮闘している消防・自衛隊・警察の戦士たちの働きで

一刻も早く終息すること願うのみだ。





posted by ヌーボー at 05:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192153916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。