2010年08月26日

国家存亡の時!  田中真紀子総理はどうか。

民主党の内輪もめばかりの報道にうんざり! 。



円高、株安・・・・日本丸は沈没の危機にあるというのに、政府は一体何をしている。
代表選びに明け暮れ、何の対策も打ってこない。

半端発言しては、益々円高を許している始末だ。

日銀は何をしている?  総理は何をしている?
あの総裁では手は打てまい。

総理は?
一年生議員と懇談会で忙しい。
代表選対策もいいが、ここで日本丸救済の有効な一手を打てば
それこそが代表選にも最も有効となるのだが、それすら見えていないらしい。


もっとがっかりなのが マスコミ報道。

代表選の内紛を面白おかしく報道しているだけ!
何一つ社会の木鐸たる役目を果たしていない。

そんな事では、日本丸の危機は救えない。

内紛より、
無策の政府、日銀を大いに糾弾するこそが使命ではないか?



たしかに、今の総理ではこの危機乗り越えは難しい。
個性の強い小沢氏を求める声も理解出来る。
この窮地を救うには、それなりの強力な個性が必要だろう。
だが、
「政治と金」の問題を抱えたままの氏では国民が到底納得すまい。


いっそのこと、
日本のサッチャーこと、田仲真紀子総理はどうか。
マスコミこぞっての提案として大々的に報道してはどうか。

いま、新たに日本丸の船長をすげ変えるのなら、
     世界をあっと言わせる位の荒療治が必要なのだが・・・・。





posted by ヌーボー at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160586975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。