2010年08月12日

実感のない景気回復

「CMは景気を写す鏡」と誰かが言った。だけど実感ないなぁ。
一番景気回復しているのは、この猛暑でアイス屋さんかな??
しばらく前だけど ”2年ぶりのV字回復!”と短観発表があった。
中国などの新興国向け輸出が景気回復の要因だったらしい。
しかし、今日、景気回復の実感がない。
一体どの業態が景気回復しているのだろうか。

ただ一つ言えるのは、この猛暑で冷菓が売れに売れていること。
この業界だけは不況などとは無縁のウハウハ!に違いない。

とりわけ、「ガリガリ君」が売れている。
『当たりスティックが出たらもう一本!』の戦略もヒットの理由かもしれない。

でも、なにより、あの『サクサク感がたまらない!』という人が多い。
キャンデーのような外観ながら中は「かき氷」
昨日も、収録の後に
『お疲れさん暑いからアイスを上げましょう。クリーム?ガリガリ君?』
みながこぞって
「ガリガリ君!」と声をそろえる。やはり人気なのだ。
たちまち、やっと探し当てた品薄状態の「箱入りガリガリ君」が空っぽになった。

このガリガリ君のヒットは何が原因なのだろう。
いまはCMを流していないが一時期は、季節限定で盛んに流れていた。
ポカスカジャンが歌ってた「ガリガリ君の歌」
あれが、ガリガリ君の知名度を押し上げる一因となったのだろう。


誰かが「CMは景気を写す鏡」だといっていた。
確かに、景気は回復しているやに見える。
「ガリガリ君の歌」の歌こそ流れていないが、CMが戻ってきている。
マスメディアに流れている業態の数もだいぶ 増えいる昨今だ。


しかし、
高値どまりの円高に苦境を強いられているのだろうか、輸出の代表格の自動車産業の
CM出稿は、全盛期からみたらあまりに少ない。
これらのCMがマスメディアを賑わせてはじめて景気回復といえる。

 
短観発表が本当に正しかったのか?
V字回復は誇張だろう!
どこかの総理もV字人気だったが、たちまち弾けて今は低迷しているように、
景気も、円高不況の底に向かっているのではないか?と不安を隠せない。

事実、
景気回復を実感できる材料を周辺で未だ発見出来ていない・・・。





posted by ヌーボー at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。