2009年05月28日

広告の功罪 

自民党の広告は明らかに罪。政権政党の広告とは・・!?
広告は好効果を狙う為のものと信じてきたが、そうでないものもあるらしい。
昨日の自民党の新聞広告は、まさに自らのイメージダウンとなるものだった。
とても政権政党の広告とは思えない。

コピーに驚いた
「鳩山代表に質問があります」
全面、わが党は無能です!と主張するかのような、実に幼稚な広告であった。
まるで野党の意見広告を見るようで、「ああ、もうこの党はおしまいだな!」と実感させられた。

ネツトで「自民党の広告」で検索してみたら、やはり失望した人の
ブログがヒットした。
その人は、こう感想を述べている。
 『自民党の焦りがひしひしと伝わってくる気がした』
そして、こう結んでいる。
『あの広告で自らの印象が高まるとでも思っているのであろうか?
そう思っているならば自民党の広報は本当に能無しである。』

全く同感である。


党首討論も見たが、これも失望という言葉を超えていた。
それは、
我が国家の総理とは思えない答弁で討論が始まった。
ご覧ならなかつた人の為にニュース動画をご紹介しよう。

 この動画ニュースを見ればいかに 我が国家の指導者が
低レベルであるか納得するはず。

「どちらが内閣総理大臣に相応しいか・・・・」と始まる答弁は
失望を超えた。小学生のディベートにも劣るものである。
飯のおかずにはあまりに不味いが是非ご覧いただきたい。

双方10点以下の討論だ。

彼らは、日本国民をどこへ導こうとしているのだろうか。




タグ:自民党広告
posted by ヌーボー at 12:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120349368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。