2009年05月18日

黙って俺についてこい!

懐かしいTVCMもあった。

今や死語となった?【黙って俺についてこい!】
懐かしい響きのある一言である。
こんな台詞をいう男が ほとんどいなくなった。
というより、時代は大きく変化して、男女が逆転している。

今や女性が【黙ってあたしについてこい!】に変わった。
いつの間にか女性が男をリードする時代となったらしい。



かつて【黙って俺についてこい!】がヒットした。
涙が出るほど懐かしいと思う男たちは、もはや化石。
世の片隅でじっとしているしかない。

♪ 銭のないやつぁ 俺んとこへ来い♪ 
♪ おれもないけど なんとかなるさ・・・♪
こんな歌だったかな?。
いささか無責任な歌ではあったがなぜか、元気を呼び起こし、
希望がわく歌だったという。

不況の今こそ 町中に流れて欲しいものだ。


植物派の男がどんどん増えて「男は黙って・・・」とか「おれが食わしてやる」などという人種が減った時代だからこそあの歌が懐かしい。

「男らしさ」と言えば、
思い出すのがサッポロビールのCMコピー。
かつては無口が「らしさ」だったのだろうか。
「男は黙って・・ 」があった。
ビールをグイッとと飲み干すだけのCMが話題になった。
 
ネットで偶然みつけたが、いま観るとなんともシンプルなCM。

「男は黙ってサッポロビールのCM

CM界も変化しているんだなぁ。

さてさて、
時は移ろい残念ながらもはや今は、
【黙って男について来い】とか
【男は黙って…】は通用しない。
時代は「男女平等」から「女尊男卑」の時代へと移り変わってしまった。

結婚事情も同様に様変わり。
5歳・8歳年上の女性との結婚も盛んで姉さん女房がもてはやされているらしい。
男が甘えん坊になり、女性が強くなった証かもしれない。


世の男たちよ 「男らしさ」だけは失わないで欲しい。

赤い暖簾の立ち飲み屋で冷酒を煽りながら・・・の
時代遅れの化石の願いである。


posted by ヌーボー at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119145870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。